タピオカの原料はなに?ブヨブヨの黒い塊の正体を色々調べてみた!

information

こんにちはソウシと申します!皆さん、今有名なタピオカジュースを飲んだことはありますか?

僕は今まで大阪梅田に遊びに行った時、タピオカジュースを売っているところを横目で見ながら、「今日もめっちゃ並んでるやん!よう並ぶは!」と思いながら通り過ぎていました。

が最近になって、インスタを始めた為に「これはタピオカジュース載せないと!」と思うようになり、並んで買ってみました。

っと無駄話をしてしまいましたが、今回は、僕がタピオカジュースを飲んで思った疑問を記事にしていこうと思います。それは、「タピオカの原料とは?」です。

① タピオカの原料

  ・ 正体はデンプン

  ・ 増粘剤として使われる

②タピオカジュースで使われるタピオカ

  ・ タピオカは元々大豆のような固形

  ・ タピオカは元々白色

③栄養はほとんどない

④まとめ

①タピオカの原料

正体はデンプン

あのタピオカのブヨブヨとした食感の正体はデンプンでした。

タピオカはトウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンのことらしく、簡単に言うと植物の根子の成分の塊ということですね。

例で例えると、ゴボウに含まれている成分を固めました!みたいな感じでしょう。

葛切りは正にタピオカに一番似ている。

増粘剤として使われる

タピオカはデンプンで出来ているということもあり、麺やお菓子などにもちもちとした食感を付け足すのに使われています。

例えば、ポンデリングや冷凍うどんなど。また、食品だけでなく、紙などの強度を上げるのにも使われているのです。

②タピオカジュースで使われるタピオカ

タピオカは元々大豆のような固形

タピオカジュースに入っているタピオカはブヨブヨとしたものですが、元々は大豆のような固形のようです。

なので、ブヨブヨとはしていなくて硬いのでしょう。

そして、その状態のタピオカを「タピオカパール」と呼ぶらしいです。

タピオカパールは、 糊化させたタピオカを加工して作られます。タピオカジュースに入っているタピオカはタピオカパールを一度茹でて使われているので、水分を吸収して膨張します。

その状態が皆さんがよく見るタピオカの姿なのです。

タピオカは元々白色

皆さんが知っているタピオカの色は黒色ですよね?

実はあれ、元々は白色なのです。では、何故タピオカジュースのタピオカは黒色なのか?

それは、タピオカにカラメルをカラメているからです。

③栄養はほとんどない

タピオカはデンプンで出来ているだけなので、栄養素としては炭水化物しかありません。

なので、健康に良いとも悪いとも言えないでしょう。

まとめ

今回は、「タピオカの原料はなに?」について記事を書きました。

タピオカの正体を調べてみると分かるのですが、自分の想像とは違った事が書いてあり、世界には、不思議な物が多く食用として、使われているんだなと勉強になりました。

人気記事プログラミングスクールである「TECH::EXPERT」が素晴らしくオススメな理由[あの有名人も絶賛!]