$_POSTの使い方を解説。[PHP]

PHP

皆さんこんにちは!ソウシ(@gomasio2018)と申します!今回は、アンケートフォームやコンタクトフォームから送られてきたデータを受け取る変数を紹介していきます。ずばり、その変数の名は「$_POST」です! 前回の記事で、アンケートフォームやコンタクトフォームで記入したアンケートの答えをどこかしらに、送る方法を説明しました。詳しくは、「HTMLのPOST、GETを解説[例を交えながら]」をご参照ください。

・ $_POSTとは?

  ・ $_POSTで気を付けることが1つあります

・ $_POSTの使い方

  ・ 簡単な仕組みを作ってみた

  ・ コードを実際に動かす

・ $_POSTの使い方[まとめ]

$_POSTとは?

$_POSTは、先ほども紹介したようにデータを受け取って、格納する変数です。覚え方も「POSTメソッド」に「$_」を付けるだけなので簡単ですね。

$_POSTで気を付けることが1つあります

「$_POST」を記述するうえでとても重要なことが1つあります。それは、「POST」の部分を記述する際は、大文字にすることです。これは絶対に守ってください!エラーが出るかもしれません。

$_POSTの使い方

簡単な仕組みを作ってみた

では、実際にコードを使って解説します。

<form action="" method="post">
	<select name="car" >
		<option value="0">0台</option>
		<option value="1">1台</option>
		<option value="2">2台</option>
		<option value="3">3台</option>
	</select>
	<input type="submit" name="submit" value = "送信">
</form>

<?php 
if (isset($_POST['car'])) {
	$car = $_POST['car'];
	$car = htmlspecialchars($car,ENT_QUOTES, 'UTF-8');
	echo 'アンケート受け取り完了';
}
?>

簡単に手順を説明すると

  • 手順1:<form>の「method」に「post」をセットする。
  • 手順2:<select>の「name」に分かりやすい名前を付ける。(重要)
  • 手順3:$_POST[]の配列に<select>の「name」の名前を入れる。
  • 手順4:データがちゃんと受け取れていれば、「echo」により、「アンケート受け取り完了」が表示される。

詳しく説明すると、「$_POST」で、データを受け取るには「form」の「method」に「post」を設定しなければいけません。これは、前回の記事で説明しました。postを設定したら、次に、<select>の「name」に分かりやすい名前を付けます。この、名前は何でも好きなように付ければよいのですがデータを受け取る時の名前になるので、自分や他人が分かりやすいような名前にすることを推奨します。次に、$_POST[]の配列に「name」に記述した名前を入れる。最後は、送信ボタンを押して、$_POSTがちゃんとデータを受け取れていれば、「アンケート受け取り完了」が表示される。

コードを実際に動かす

コードを実際に動かしてみれば上のようになります。送信ボタンを押すと車の台数のデータが送られて、ちゃんと$_POSTがデータを受け取れているので、「アンケート受け取り完了」が表示されました。

$_POSTの使い方[まとめ]

前回の記事と今回の記事で、postメソッドで送られたデータを$_POSTで受け取るまでの解説をしました。この仕組みは、アンケートフォームやコンタクトフォームで使われているものです。皆さんも一度は見たことはあるでしょう。アンケートフォームやコンタクトフォームを作成する際には必須の技術となります。

人気記事プログラミングスクールである「TECH::EXPERT」が素晴らしくオススメな理由[あの有名人も絶賛!]