PHPのctype_digit関数の使い方

PHP プログラミング

・ ctype_digit関数について

 ・ ctype_digit関数とは?

 ・ ctype_digit関数の使用場面

ctype_digit関数について

ctype_digit関数とは?

ctype_digit関数とは、引数に指定した文字列が全て数字かどうかを調べる関数です。

文字列が数字であった場合はtrueの値を返し、数字以外であればfalseの値を返します。

    例↓
    <?php
    $a=’1′;
    if(ctype_digit($a)){
     echo ‘$aは数字です’;
    }else{
     echo ‘$aは数字ではありません’;
    }
    ?>
    //結果は、「$aは数字です」が表示される。

例の場合はif文で文字列が数字の場合とそうでない場合の表示を指定しています。

この場合は$aに文字列の1が入っているのでtrueとなり、「$aは数字です」が表示される。

ctype_digit関数の使用場面

使用場面はアンケートフォームなどのこちらからの質問に回答者が適切に答えられているかを調べるのに使ったりします。

人気記事プログラミングスクールである「TECH::EXPERT」が素晴らしくオススメな理由[あの有名人も絶賛!]