PHPのis_array関数の使い方

PHP プログラミング

is_array関数について

・ is_array関数について

 ・ is_array関数とは?

 ・ is_array関数の主な使い方

is_array関数とは?

is_array()は引数に指定した値が配列かどうかを調べる関数です。

引数が配列であれば、trueの値を返し配列でなければ、falseの値を返します。

前回紹介したisset関数と似ていますね。↓

    is_array関数の例↓
    <?php
    $a=array(1,2,3);
    if(is_array($a)){
     echo ‘$aは配列です’;
    }else{
     echo ‘$aは配列ではないです’;
    ?>

上の場合は、$aに配列が入っているのでtrueになり、‘$aは配列です’が表示されます。

is_array関数の主な使い方

is_array関数はある変数が配列であるかどうかを調べたり、配列である場合とない場合のパターンに分けて表示を変えたりなど色々な場面で使えます。

なのでPHPを勉強しているなら避けては通れないでしょう。

代表的なアンケートフォームでは、複数選択可能なチェックボックスなどで使われます。

人気記事プログラミングスクールである「TECH::EXPERT」が素晴らしくオススメな理由[あの有名人も絶賛!]