プログラミング独学の参考書は、ぶっちゃけいらない話[結論]

information プログラミング

前置き

独学でプログラミング学習を学んでいる皆さん、プログラミング学習はどのような方法でやっていますか?

参考書または、学習サイトなど色々な方法があり、人それぞれ、自分に合った学習のやり方でやるのが一番です。

しかし、効率面を求めるなら、後者である学習サイトでの学習の方が、良いことが分かりました。

というわけで、今回は、僕が「HTML・CSS、javaScript、jQuery、PHP」を参考書で学んで、「参考書は必要ないな」と感じた理由について解説していきます。

プログラミング独学の本や参考書は、ぶっちゃけいらない話

結論から言って、プログラミングを学ぶのに参考書は必要ありません

なぜかというと、今の時代には、優秀な学習サイトが多くあるからですね。

実際に僕が、参考書と学習サイトの両方を使ってみて感じたのは、学習サイトで学んだ知識の方が、実践で使えるものばかりでした。

この記事の読者の方は、「プログラミングでお金を稼ぎたい!」という層の人が大半だと思います。

そういう人たちにとって、一番大切なことは、「実践で使えるプログラミング知識」です。

なので、そういう面で考えると、学習サイトがおすすめと言えます。

とはいえ、オンライン学習サイトだけの学習だけでは、「不安な気持ちになる」、「参考書に好奇心がある」場合は、買ってみてもいいかも。

実は、僕は参考書の学習よりも学習サイトの方が効率が良いことを知っていましたが、「学習サイト → 参考書」という流れで学習しました。

理由が、「周りはみんな学習サイトだけで良いと言うけど、ホントなのか?」と思ったからです。

結果、参考書に興味がでてしまったので、参考書による学習にも取り組みました。

このように、自分の心に「モヤモヤ」があるのなら、参考書を買ってみるのも良いと思います。

なぜなら、自分の心に陰りがある状態で、学習をしてもそればかりが気になって、学習効率が下がるからです。

「一見は百閒にしかず」という言葉があるように、疑うことは、悪いことではありません!

是非、試してみて下さい。それで、自分の答えがでるのならば回り道でも良いと思います!

ここから、さらに深掘りしていきます。

ここまでで、参考書で学習するより、学習サイトで学習する方が良いと語ってきました。

そこで、「どの学習サイトが良いのか?」「そのあとの学習は?」について解説していきます。

ここからの話は、過去のプログラミングの学習方法の記事で、紹介している内容なので、知っている方は、飛ばして頂いて大丈夫ですよ!

おすすめ学習サイト

おすすめの学習サイトは、2つありまして、双方、大きな特徴があるので、自分に合った方を選ぶと良いと思います。

①Progate

僕が最初にプログラミング学習をやり始めた学習サイトです。

学習サイトでの学習では王道ですね。人気があり、プログラミングを学習している人なら、名前だけでも知っている人は、多くいるはず。

「Progate」についてもっと詳しく知りたい方は、下の記事を参照ください。

②ドットインストール

ドットインストールは、動画で学ぶ学習サイトです。

なので、プロの方が実際にコードを記述しながら、解説しているのが観れます。

そして、Progateよりも幅広い学習コンテンツがあるのも売りの1つですね!

ですが、1つだけ、難点がありまして、動画なので、Progateと違い、実際に自分でコードを記述することがありません。

プログラミングで大切なことは、「自分でコードを実際に書く」ことです。

なので、ドットインストールで学習する場合は、「自分でコードを書く」ということを忘れずに!

基礎学習を終えたら、模写コーディング

「Progate」、「ドットインストール」での学習を終えたら、模写コーディングをしましょう!

模写コーディングとは、「世の中のサイトを模写すること」です。

これは、とても大切なことで、メリットは2つあります。1つ目は、模写コーディングで、今まで、学習したことをセーブする役割です。

2つ目は、中級レベル以上のことが学べるです。

世の中には、プログラミング学習の基礎学習をするサイトや参考書はあっても、中級者用の教材は、多くはありません

なので、中級レベル以上のことを学習するには、模写コーディングで自分で調べながら学習していくしかありません。

詳しい、模写コーディングのやり方は、下の記事を参照ください。

人気記事プログラミングスクールである「TECH::EXPERT」が素晴らしくオススメな理由[あの有名人も絶賛!]